読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままに

都内大学生

恋愛の教科書

僕にとっての恋愛の手引き、人の愛し方の見本はflumpoolの歌詞です。

 

君に届けの歌詞を載せますね。

 

つぶらな瞳も 鼻にかかる じゃれた声も その小さな手も

 

上手く笑えない君が笑えば あの日みた夢がまた一つ叶う

 

行き交う他人たちの 幸せ自分のことのように  どうしてねぇ 願うの?

 

君に逢えたこと本当によかったと  そう言える その笑顔を守りたい

 

来年も再来年も今以上に君が好きで それぐらい 僕の全てで

 

僕にしか言えない言葉を今 君に  届けたい

 

 

 

こんなまっすぐで正直な愛を意識して恋愛してます。おかげさまで今のところは素敵な恋しかしたことないですね。

 

素敵な相手に愛されたいなら、まずは自分が素直にならないと始まりませんよね。